安眠効果のある食べ物

バナナ

安眠に効果のある食品もたくさんあります。
ホットミルクやバナナ、レタス、じゃがいも・・・などなど。

 

”寝る前にホットミルクを飲んだらよく眠れる”と聞いたことはありませんか?

 

ミルク

牛乳にに含まれる
「オピオイドペプチド」という成分が眠りに効くのです。

 

また、バナナには、「トリプトファン」が多く含まれています。

 

睡眠のサプリメントの主成分にもなっている「トリプトファン」ですが、脳に運ばれると、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムと共に眠りへと導く「セロトニン」というホルモンの原料となります。

 

セロトニンは、安眠精神安定を促してくれる大事な伝達物質。
これらが不足すると、精神のバランスが崩れ、うつ睡眠障害に繋がります。

 

そこまで移行してしまうと、睡眠サプリでは効かなくなるでしょう。

 

ハルシオンやアモバンなどの、いわゆる睡眠薬のお世話にならないといけません。
今は、昔と比べて副作用も少なくなってきています。

 

とは言え、やはり出来れば薬のお世話にはなりたくないものですよね。
医師の指示の下、続けることになりますが、寝つきが悪くなったな・・・と思った時点で、早めに対策!

 

これでかなり改善出来ます。

 

安眠効果を得るためには

眠りにつく前の30分で決まる!と聞いたことがあります。要は、リラックスモード体制に入るようにします。CDを聴くなどして自分にとって心地よい状態に持っていく。

 

寝室の照明を少し落とすことで、刺激を少なくしていきます。明るい光が睡眠と関わりのあるメラトニンの分泌を妨げてしまいます。

 

寝る前の30分〜1時間は、アルコールやタバコは控える。ニコチンには、吸入直後にリラックス作用は得られてもその後は、覚醒作用が強いのです。

 

この他にも、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり入るとか、好きなアロマを焚いて、睡眠誘導効果のある香りを部屋に漂わせたり、軽めのストレッチで筋肉をほぐすのも良い方法です。

 

自分のお気に入りのやり方を見つけて、身体に習慣付けるのもいいかと思います。

 

 

 それでも眠れない時は

 

 

睡眠のサプリ睡眠サプリランキングはこちからどうぞ^^睡眠サプリランキング