プチ不眠はこうして脱出せよ!

 

「最近、なかなか寝付きが良くない」「眠りが浅くなってきた」と感じた時、医師に相談するほどではないときなど、家庭で出来るプチ不眠症対策があります。生活習慣の見直しとともに実践してみてください。

 

寝る直前にはスマートフォン、携帯電話の画面を見ないようにしましょう

何となく見ているスマートフォンですが、スマホ不眠が今問題になっています。

 

バックライトディスプレイの光(LED)が、脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンの分泌を悪くすると言われています。

 

このメラトニンは体内時計の機能や体内リズムを整える働きを持っているので、寝る1時間前にはスマートフォンや携帯を見るのはやめた方がよさそうです。

 

リラックスして副交感神経を優位にするように過ごしましょう

睡眠2時間前にぬるめのお湯で入浴する、読書や好きな音楽を聴くなど、自分がリラックスできることをしてゆったりとした時間を過ごすようにしましょう。

 

身体は自分が思っている以上に「過緊張」状態になっているものです。
シャワーのみで済ます人も多いようですが、なるべくお湯に入ってくださいね。
肩こりや腰痛予防にもなりますよ^^

 

睡眠環境を整えてみましょう

枕の高さ、硬さはどうですか?
枕があっていないと眠りにつきにくい、寝心地が悪いことが多いです。

 

布団も敷布団を固めにする、掛布団の重さなど、寝具にもこだわってみましょう。眠れる快眠グッズ!

 

ベッドルームの室温はどうでしょうか?
少し低めの方が睡眠に入りやすいと言われています。

 

街灯の光でさえ、睡眠を妨げることがありますので、カーテンは遮光のものが良いでしょう。室内の明かりも少し暗めにしてみてください。

 

また、リラックスするラベンダーなどのアロマオイルを香らせてみるのもおすすめです。

 

寝る前のカフェイン、深酒はやめましょう

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは交感神経を優位にさせ、脳を覚醒させる働きがあります。

 

睡眠の約2時間前には、飲むことはやめた方が良いでしょう。

 

また、アルコールも眠りにつきやすいという印象がありますが、実は深酒は逆効果です。眠っているようでいても、意外と眠りが浅いとか。やはり質は大事です。

 

軽いストレッチを取り入れてみましょう

私もよくやつのが、こちらのストレッチ。
ヨガや簡単なストレッチを寝る前の習慣にしてみるのは、おすすめです。

 

ストレッチを行うことで、体内の血行が良くなり、筋肉がほどよくゆるみます。
カラダを動かすことで、不安を解消するホルモンであるセロトニンが分泌されやすくなるため、より深くリラックスすることができるんです。

 

いかがでしたか?
簡単にできることから始めて、プチ不眠症から脱出しましょう。

 

それでも眠れない時は「睡眠サプリ」

ネムリス ← 詳細
ネムリスの特徴

ネムリス

価格 980円(お試し価格)
評価 評価5
備考 毎月先着100名様限定
ネムリスの総評

ラフマ、グリシン、GABAなど配合のセロトニンを補う12種類のこだわり成分を配合した不眠サプリです。管理人も使用している睡眠サプリ♪ネムリス体験談

 

ピースナイト ← 詳細
ピースナイトの特徴

ピースナイトimp

価格 2,730円(初回限定価格)
評価 評価4.5
備考 機能性表示食品だから納得!
ピースナイトの総評

ギャバ、テアニン、パッションフラワーなど安眠サポート成分を配合してこのお値段は格安です。知名度バツグンの「キッコーマン」が作った睡眠サプリ!お試し下さい。

 

マインドガードDXの特徴

マインドガード

価格 6,810円(お試し価格)
評価 評価4
備考 マインドガードサプリタイプもあります。
マインドガードDXの総評

ノニ、レスベラトロール、グリシン配合のセロトニンを補う不眠サプリ。
少々、お値段は高めですが、効果の高い高成分配合の睡眠サプリです。