無呼吸状態症候群について考える

今、睡眠トラブルで、いびきにより無呼吸状態になり、身体、心に支障をきたす事が問題になってきています。いびきと睡眠時無呼吸の関連性

 

眠っているときに無呼吸状態になる病気を睡眠時無呼吸症候群SAS (Sleep Apnea Syndrome)といいます。睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠時に呼吸が10秒以上止まり、この状態が7時間(一晩)に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上ある状態をいいます。

 

就寝中の症状としてあげられるのが、

  • いびきをかく
  • 息が止まる
  • 呼吸が乱れる
  • 呼吸が止まって再び呼吸を再開する時に大きな呼吸で再開する
  • 息が苦しくて目が覚める
  • なんども目を覚まし、トイレに行く

などです。

 

睡眠時無呼吸症候群の主な原因について調べてみましょう

最近は睡眠時無呼吸症候群の知名度もかなり上り、よく耳にするようになりました。まずは、睡眠時無呼吸症候群と大きくかかわってくるいびきの正体について調べてみましたのでシェアしておきますね。

 

呼吸は通常、鼻で吸った空気が、咽頭を通って肺に到着します。 上気道(鼻から喉まで)には、狭くなっている場所などが有り、呼吸の時に、これが抵抗となってしまい、自然的に音が発生してしまいます。この発生した呼吸音がいびきの正体なのです。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)もこれと似たようなメカニズムとなっています。

 

よくいわれるのが、肥満の人が睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすいと考えられていますが、必ずしも、すべての人が肥満でいびきがひどいというわけではない様です。最近では肥満でなくても睡眠時無呼吸症候群(SAS)になることがわかってきています。

 

また、日本人特有の顔、特に顎の形が関係していると言われてきています。

 

鼻と喉の境の部分の上咽頭部分の気道が、落ち込み、喉が狭くなってしまうのは、小顎症(あごが小さい)為に気道がふさがれやすくなるから、睡眠時無呼吸症候群になりやすいと考えられてます。また、顎の後退扁桃肥大などで喉が狭くなってしまうのは、鼻すじの彎曲や鼻が低いなどが原因となっている可能性があるようです。

 

あと、睡眠中は、ほとんどの人が、顎周辺の筋肉が緩むと、顎が喉の方へ下がってしまい、上気道が狭くなります。鼻がつまりやすい人などは、狭くなってしまうと、苦しくなってしまい、口が、開いてきてしまいます。

 

口を開いてしまうと、空気が入りこんでしまい、舌の根本が下がったり、軟口蓋(口から喉までの空間)や口蓋垂(喉ちんこ)も下がったりして、空気の通りがますますわるくなります。

 

粘膜を摩擦したり、振動したりするのが大きくなり、大いびきとなってしまい、大いびきが続くと、睡眠時無呼吸症候群になってしまいます。ストレスの強い人もまた、高いびきになってしまう傾向にある為、睡眠時無呼吸症候群になってしまう恐れがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は大きく分けて2種類にわけられます。

  1. 呼吸は保たれているのに、鼻・口の気流が、上気道のどこかの閉塞によって消滅する「閉塞性(obstructive)」の睡眠時無呼吸症候群です。
  2. もう一つは呼吸運動そのものが停止する「中枢性(central)」の睡眠時無呼吸症候群(CSASといいます)です

 

「中枢性」が起こる仕組みはまだ、十分に解明されていません。

 

原因として脳にある呼吸の司令塔の機能異常などが考えられているようです。

 

このように、やせていてもSASの患者さんはいます。睡眠時無呼吸症候群の患者さん全員が太っているというのは間違いです。

 

睡眠時無呼吸症候群で重症になってしまった場合、無呼吸の時間が60秒以上も続く場合があります。その状況が寝ている間に起きてしまっているので、本人には自覚しにくいことが、睡眠時無呼吸症候群の怖さなのです。

怖い!無呼吸症候群の原因を徹底調査関連ページ

睡眠障害の種類
こんなにもある!睡眠障害!
ナルコレプシーの症状
ナルコレプシーとは・・・
若い世代に多い非定型うつ病
昼間のダルさ!ひょっとして睡眠時無呼吸症候群?
過眠症とはどんな病気?
不眠症と正反対に、眠りすぎてしまう「過眠症」という病気があります。過眠症タイプもいくつかに分類されますので、ここでは主な過眠症を3つに分けてリサーチしてみました。
いびきと睡眠時無呼吸の関連性
いびきと睡眠時無呼吸の関連性について検証しています。
加齢によって起こる睡眠障害〜早期覚醒・途中覚醒
歳と共に夜間目が覚めたり反対に、朝早く目覚めて困ってしまう人は多いです。そんな途中覚醒や早期覚醒について解説しています。