夢について

「夢は記憶の再生」と現代の脳科学では考えられています。

 

「熟睡しているから、夢を見ていない」という人もいますが、実は覚えていないだけで、たくさんの夢を見ています。

 

また、夢の内容が支離滅裂で、よくわからないことも多く、何かの意味を考えて「夢占い」をしたりする人もいるかもしれません。あくまでも統計的な占いですので当たりませんが^^;

 

夢ほど、摩訶不思議なものはないですよね。

 

心理学分野においてもフロイトやユングは、長年に渡って夢について研究していますが、現在に至るまで、まだはっきりとした事が解明されていない未知な分野とも言えるのです。

 

そこで、ここでは睡眠の関係について考えてみました。

 

睡眠は2つのパターンに分かれる

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠に分かれています。

 

この2層の睡眠を90分単位として、一晩に4〜5セット繰り返していると言われています。

 

「夢」の役割

嫌なことがあっても「一晩寝たら、忘れる」という人もいるでしょう。または翌朝になると、前日嫌なことがあっても、何となくすっきりしている経験は、誰しも感じることがあると思います。

 

夢を見ている状態というのは、散らかった情報を一度全部出して、再び整頓しなおしているようなものです。

 

人は日中受けたストレスなどの嫌な感触や気持ち、恐怖心などを和らげないと、癒されないものです。

 

夢を見ることで、こうした嫌な記憶も一晩寝ると整理整頓されるため、落ち着いて物事を考えられるようになるのです。記憶を整理するだけでなく、夢は記憶も定着させているのです。

 

これが一般的に考えられる「夢」についての見解ですが、しかし、これとて正解なのかどうかもわかりません。実際、寝ていても脳は休んではいません。

 

しかし、これだけははっきりしています。

 

人間は、眠らないと死にます。浅い睡眠ばかりだと精神が混乱してきます。情調も不安定になり、人格も変わります。

 

夢は、夜だろうが昼だろうが見ています。その時々の自分の状態に合った夢を見ているのです。

 

デジャヴという言葉、よく聞きますよね。過去なのか、未来なのか、それとも前世の記憶なのかはわかりませんが、私もよく起こります。これがユングのいうところの集合的無意識なのかもしれません。

 

睡眠時間もしっかりとした時間を取る必要がありますが、よく言われている「8時間睡眠」にこだわる必要はありません。

 

個人差もあると思いますが、このレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを考えると6時間〜7時間半程度がベストなのかもしれません。

 

夢の記憶と睡眠関連ページ

睡眠のメカニズム
睡眠のメカニズムを掲載中!
レム睡眠とノンレム睡眠|眠りのパターン
レム睡眠とノンレム睡眠の2つの睡眠パターンとはどのようなものなのでしょう。
寝つきが良い人悪い人
寝つきが良い、悪いで日々の生活も変わってきます。質の良い睡眠を取るためにも・・・
睡眠時間はどれくらい取ればいい?
理想の睡眠時間ってあるのでしょうか?
睡眠の質を高める時間帯は?
休息に大事なのは、「時間」より「質」!!です。室の良い睡眠とっていますか?
眠気のホルモン、メラトニンの働き
メラトニンと睡眠の関係を解説しています。
睡眠不足と喫煙の関係
免疫力と睡眠
寝る子は育つ!体調を崩した時、疲れた時は寝ることで体力を充電させます。免疫と睡眠について検証してみました。
現代っ子に多いキレる!という現象
ささいなことで我を忘れて怒りをあらわにするようなキレるという現象、睡眠とも深い関係があります。
朝型と夜型どのようにして決まるの?
朝の強い人もいれば夜の方が頭が冴える人もいます。睡眠のパターンはどのようにして決まるのか、検証しています。あなたは朝型人間それとも夜型?
睡眠を取り過ぎると余計だるくなるのはナゼ?
不眠が体に悪いことは言わば常識ですが、では寝過ぎはどうなのでしょうか。眠りすぎると体はどうなるのか...検証しています。
不眠症になりやすいタイプ
真面目、繊細、頑張り屋などそれぞれとても良いことなのですが、傾向としてこのようなタイプの人は、不眠症なりやすいタイプでしょう。しかし、改善する方法もあります。それは...
寝ているのに疲れが取れない!それは睡眠の質低下かも
しっかり寝ているのに翌朝疲れが抜けていない...そんな人も多いです。睡眠の質が低下しているのが原因です。ひょっとしたら寝る前このようなことをしていませんか?