いびき・睡眠時無呼吸|睡眠障害

いびきとはいびきとは

 

いびき

寝ている間に起こる異常な呼吸音で、のどが狭くなり、空気の通りがわるくなる事で、粘膜が振動してでる音です。

 

疲れているときやお酒を飲んだ時、睡眠薬を飲んだ時などにかくいびきは、舌の筋力の力が抜けだらっとしていまいそれが喉をふさぐことから起こります。

 

いびきの要因と弊害とは

いびきの要因の一つに、肥満があります。

 

喉の内側にも脂肪がつくので、気道が、狭くなり、いびきをかきやすいです。また、いびきをかくひとは、ほとんど「口呼吸」をしています。口をあけたまま寝ていると状態になるので、いびきと口呼吸は密接な関係があるようです。

 

また、鼻の疾患や舌が大きい人、かみ合わせが悪いなどイビキの原因となりうる要因はたくさんあります。過度なストレスもいびきの原因の一つにあげられます。

 

毎晩いびきをかいていると、熟睡できていない状態になっているという事になるので、身体と脳に相当の負担をかけてしまっています。睡眠障害を引き起こしやすい状態になっています。

 

一見、高イビキをかいて寝ている人は、気持ちよく熟睡しているように見えますが、本当は、身体や脳はリラックスしていないのです。

 

毎晩いびきをかいているということは、呼吸が抑制されて、眠りが浅くなり、睡眠時間の割にはじゅうぶんに熟睡していないという状態がほとんどなのです。それで睡眠障害を引き起こしてしまいます。

 

睡眠障害とは、、寝つきが悪くて眠れないという症状の不眠症、途中で目覚める(中途覚醒)、朝になっても眠くて起きられない(過眠症)などの他に、日中の突然の眠気や集中力の低下・活力・記憶力の低下・倦怠感などもあります。

 

怖い!無呼吸症候群の原因を徹底調査

 

日中、精神不安定になり、常にイライラしたりするようになったりして、日中の活動に悪影響がでできてしまいます。睡眠不足が毎日続いている状態になってしまうので、健康を害したり、眠気で事故を引き起こしてしまう危険性があるのです。

 

また、いびきの合間に無呼吸になる時があるとすると、酸素を体に取り入れることを一時的に中断しているのと同じ事なので、体が酸素不足になってしまっている状態です。睡眠中の酸素不足による脳や身体へのダメージは深刻なものになってしまいます。

 

血圧上昇

十分に脳へ酸素が届かないと言うことは、血圧は上昇したままです。心臓が多くの酸素を送ろうと寝ていても活動をせっせとする為心臓に負担がかかり、循環器系にも慢性的に負担がかかります。

 

結果、高血圧症や不整脈を起こしたり、更には心不全や心筋梗塞などを招いてしまったりしてしまい、悪循環に陥ります。

 

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものです。睡眠によって、体がリラックスして、血圧を下げ、1日の疲れを取るという仕組みです。

 

お酒を飲んだ時、睡眠薬を飲んだ時などは、舌が脱力し、喉をふさぐことから起こります。ストレス性のいびきも同じような感じです。

 

これらは、一過性のものなので、病的ないびきとは異なりますが、注意しないといけません。毎日飲みすぎでは、身体の負担が大きいです。

 

いびき対策、ちょっとした工夫

普通のいびきとは規則的ないびきで、無呼吸の時間がありません。病的ないびきとはいびきの合間に静かになり、無呼吸が生じていますそのままにしておくと、無呼吸症候群に陥ってしまいます。

 

普段自分がどのようないびきをかいているのか、家族などに確認してもらい、軽いいびきなら、いびきをかかないように、少し自分で工夫して対処できます。

 

仰向きに寝るとどうしてもいびきをかきやすくなるので、意識的に横向きに寝るようにする。敷布団の片方にクッションを置くとか、少し工夫してみましょう

 

あと、両手をあげてねるくせはありませんか。

 

両手をあげると、首が圧迫されるので、気道を狭めてしまい、いびきがかきやすくなってしまいます

 

たかがいびきと思っていても、甘く見てはいけません。毎晩かき続けていると、体と脳への負担か、知らない内に大きくなってしまいます。睡眠障害に陥る前に、対処する事が大切ですね。

 

 

← ←睡眠サプリに戻る

いびきと睡眠時無呼吸の関連性関連ページ

睡眠障害の種類
こんなにもある!睡眠障害!
ナルコレプシーの症状
ナルコレプシーとは・・・
若い世代に多い非定型うつ病
昼間のダルさ!ひょっとして睡眠時無呼吸症候群?
過眠症とはどんな病気?
不眠症と正反対に、眠りすぎてしまう「過眠症」という病気があります。過眠症タイプもいくつかに分類されますので、ここでは主な過眠症を3つに分けてリサーチしてみました。
怖い!無呼吸症候群の原因を徹底調査
無呼吸症候群の原因をリサーチしました。何が原因で呼吸が止まるのか、様々なことが判明しましたのでご覧ください。
加齢によって起こる睡眠障害〜早期覚醒・途中覚醒
歳と共に夜間目が覚めたり反対に、朝早く目覚めて困ってしまう人は多いです。そんな途中覚醒や早期覚醒について解説しています。