新型うつ病「非定型うつ」について

非定型うつ病とは、新しいうつ病の一種で、ここ数年増え続けていて、20〜30代の若い世代の人達に多く起こりやすい病気です。

 

呼び名も様々で、ディスチミア型うつ病、新型うつ病、逃避型うつ病などとも呼ばれています。

 

普通、うつ病で現れるような症状が出ないので、うつ病とはわからずに、本人の心の中だけが憂鬱になっていって、困ってしまうことが多いのも特徴です。

 

非定型うつ病は新しい病気で、楽しいことがあると、その時だけ元気が出て活発になったりしますが、それが長続きせず、また憂鬱な気分になったりするので、上記に挙げた呼び名に加えお天気屋うつ病とも呼ばれたりします。

 

これほど、呼び名があるうつ病は珍しいですよね。

 

そしてあまり嬉しくもない呼び名でもあります。

 

非定型うつ病になりやすい人

ひと目を気にする人が多いものです。

 

人からよく思われたいと思ったり、気分が沈み込んでいることを他人にしられたくないと思って妙に明るく振る舞ったりして、本当の自分の心の状態をさらけ出せない「良い子」と見られやすい人に起こりやすいものです。

 

普通のうつ病である、不眠や食欲不振などがなく、よく食べて太ったり、いくらでも眠れたりするところも、一般的なうつ病とは違っています。

 

他にも一般的なうつ病と違うのは、気分が落ち込む時間帯が違ったりします。

 

一般的なうつ病は朝、調子が悪いことが多いのですが、非定型うつ病の場合は夕方から夜中にかけてが一番つらい時間帯になります。

 

非定型うつ病と睡眠の関連性

さて、気になる睡眠との関連性ですが、不眠と言うよりは過眠傾向。
そして、食事量も過食気味です。

 

だったら、眠りに関しては何も問題ないのでは?
と思われるかもしれませんが、上記に挙げた例は引きこもっている場合の話です。

 

ひどくなれば非定型うつ患者は外に出れなくなりますが、症状が軽い内は普通に日常を過ごせます。そうすると、やはり仕事先、学校など人との関わりにおいて不都合が出てくるようになれば、ナーバスになり過緊張傾向に陥ります。

 

ON・OFFの切り替えスイッチが上手にできないため、眠りが浅くなる傾向に。

 

そして、休日前や休日はほとんど寝てばかりの状態になりやすいのです。

 

非定型うつ病を患う人の共通点として、スチューデント・アパシーであったり、依存性、解離性のパーソナリティ障害が見え隠れしています。

 

そう!

 

適応障害が背景にある場合が多いのです。

 

ですから、お天気屋うつ病とか逃避型うつ病と言われる所以です。

 

改善策はあるのか

周りから見れば、ダラダラと怠けているとかサボっているという風に見られがちですが、本人からすれば苦しい状態であるのは間違いないのです。ただ、コントロールする力やストレス耐性に弱いのも確かです。

 

認知行動療法などで修正していく方法もありますが、まず本人が拒否するでしょうから難しいところです。ただ、認知行動療法は自分で行うことも可能です。

 

得てして昼夜逆転傾向が見られますから、ここだけでもしっかりと整えることで変化はあるはず。

 

ちょっとしたことが気になり寝つきが悪くなったら、早めに対策をしていきましょう。

 

不安を抑えるお薬や眠剤、サプリメントなどを利用してみてください。
睡眠サプリランキング

若い世代に多い非定型うつ病関連ページ

睡眠障害の種類
こんなにもある!睡眠障害!
ナルコレプシーの症状
ナルコレプシーとは・・・
昼間のダルさ!ひょっとして睡眠時無呼吸症候群?
過眠症とはどんな病気?
不眠症と正反対に、眠りすぎてしまう「過眠症」という病気があります。過眠症タイプもいくつかに分類されますので、ここでは主な過眠症を3つに分けてリサーチしてみました。
怖い!無呼吸症候群の原因を徹底調査
無呼吸症候群の原因をリサーチしました。何が原因で呼吸が止まるのか、様々なことが判明しましたのでご覧ください。
いびきと睡眠時無呼吸の関連性
いびきと睡眠時無呼吸の関連性について検証しています。
加齢によって起こる睡眠障害〜早期覚醒・途中覚醒
歳と共に夜間目が覚めたり反対に、朝早く目覚めて困ってしまう人は多いです。そんな途中覚醒や早期覚醒について解説しています。