睡眠障害の種類

変則勤務による障害や、精神的要因の障害、身体的要因の障害など様々な種類の睡眠障害があります。1990年に発表された睡眠障害国際分類 (ICSD) では、睡眠障害(第2版)を大きく4つに分類しています。

 

  1. 睡眠異常
  2. 睡眠自体が疾患であるものを指す。

     

    不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、睡眠相後退症候群など

     

  3. 睡眠時随伴症
  4. 睡眠中に見られる異常な行動。

     

    夜驚症、夜尿症、睡眠麻痺、周期性四肢運動、睡眠関連摂食障害

     

  5. 内科・精神科的睡眠障害
  6. 精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠

     

  7. その他
  8. 未だ分類が正確になされていない、短時間睡眠者や長時間睡眠者など

 

一過性のものでしたら心配は要りませんが、寝つきが悪く、夜中に何度も目覚める・途中覚醒が続いたり、早朝に目覚めた後は眠れなくなったりするなど、継続して続くようになれば不眠症を疑ってください。

 

原因は、様々ですが、やはり一番の原因は「ストレス」です。

 

説明するクマ

大半の方は、神経症型の不眠で眠れないということに悩んでしまっている状態です。

 

悩むのは良くないと思っていても、気がつけばつい悩んでしまっている。(私もそうでした^^;) 

 

実際、眠れないのですから仕方ありません。

 

で、よく観察してみますと、寝る前に寝れないからと言って本を読んだり、水分を摂り過ぎてトイレに頻回に行って眠りを妨げている場合も多いのですよね。

 

私の場合は、まさにこの状態でした。
ストレスと重なり、質の悪い睡眠に陥っていまいました。

 

神経症型の不眠の大半は、睡眠サプリで症状を和らげることが可能です。

睡眠障害の種類関連ページ

ナルコレプシーの症状
ナルコレプシーとは・・・
若い世代に多い非定型うつ病
昼間のダルさ!ひょっとして睡眠時無呼吸症候群?
過眠症とはどんな病気?
不眠症と正反対に、眠りすぎてしまう「過眠症」という病気があります。過眠症タイプもいくつかに分類されますので、ここでは主な過眠症を3つに分けてリサーチしてみました。
怖い!無呼吸症候群の原因を徹底調査
無呼吸症候群の原因をリサーチしました。何が原因で呼吸が止まるのか、様々なことが判明しましたのでご覧ください。
いびきと睡眠時無呼吸の関連性
いびきと睡眠時無呼吸の関連性について検証しています。
加齢によって起こる睡眠障害〜早期覚醒・途中覚醒
歳と共に夜間目が覚めたり反対に、朝早く目覚めて困ってしまう人は多いです。そんな途中覚醒や早期覚醒について解説しています。