効果的に睡眠サプリを飲もう

ただ、やみくもに睡眠サプリを飲むのではなく、最大限に不眠症サプリの効果が出るよう、いつ飲めば良いのかを検証してみました。

 

睡眠サプリの効果を最大限に引き出すためには、寝る1〜2時間前に飲むことが大切です。1日の摂取量をその時に飲むことで、しっかりと効果を感じられるようになります。

 

また、睡眠サプリを飲む際は、水かぬるま湯が良いとされています。
冷やした水や熱いお湯だと、それが刺激になって目が冴えてしまうので注意しましょう。

 

眠りを誘う成分

眠りに導く成分はいろいろあり、睡眠サプリに使われているものも様々です。
やはり、自分の体質に合う物を選ぶのが効果的です。

 

テアニン

α波を引き出すことが知られています。

 

イライラを鎮め、リラックスした気持ちになるという作用があります。

 

ギャバ

抗不安作用によりストレスを軽減したり、昂ぶった神経を落ち着かせたりします。

 

リラックスした状態により眠りに導きます。

 

バレリアン

ヨーロッパでは昔から不眠症に効く薬草として栽培されていました。

 

睡眠導入のほか、抗ストレスや抗不安などの作用があります。

 

グリシン

抑制性神経伝達物質なので、昂ぶった神経を落ち着かせるというギャバと同じような作用があります。ストレスを軽減しリラックスできるので、穏やかな気持ちで眠れるようになります。

 

レモンバーム

メリッサとも呼ばれ、古くからハーブとして使われてきました。

 

ハーブティーとしても親しまれています。リラックスでき、安眠効果があります。

 

注意点はココ

コーヒーや緑茶、紅茶、エナジードリンクなどをよく飲む人は注意が必要です。

 

カフェインには覚醒作用があるので、寝る時間近くに摂取すると目が冴えてしまいます。

 

睡眠サプリは睡眠薬よりも効き目が穏やかで、飲んでから効くまでの時間も必要なので、カフェインの覚醒作用により睡眠サプリの効果が出にくい状況になるのです。

 

リラクゼーション音楽などで気持ちを落ち着かせると、眠気を誘うという点では効果的ですが、タイマーを使うなどして寝た後まで音楽が鳴り続けることのないようにしましょう。

 

眠りに落ちた後の音楽は、睡眠を浅くしたり質を落としたりする単なる音になってしまい良くありません。