アロマは心の癒やし

最近、雑貨屋さんにアロマのコーナーが設けてあるのをよく目にします。
アロマ専門店もありますが、気軽にアロマを楽しみたい私には、その方がありがたかったりします。

 

ちょっと気分を変えたいとき、アロマが役に立ってくれています。

 

アロマと癒やし

 

アロマは香り、芳香を意味します。
植物から抽出した香りで、ヨーロッパなどでは古くからいろんな症状の療法として活用されてきました。

 

薔薇の花の匂いを嗅いで、優雅な気持ちになったり、ラベンダーの香りを嗅いで気持ちがスーッとしたりするのは、香りの効果なんですね。

 

だけど嫌いな匂いだと 癒されるどころか逆に頭が痛くなったり、気分が悪くなったりすることもあると思います。すなわち、嗅覚から入ってくる香りが人の身体や心に影響を及ぼしているということです。

 

メカニズムとしては香りの刺激成分が能に伝わり自律神経に作用すると言われています。
例えば、心を落ち着かせたい時、部屋にアロマを焚くだけで落ち着きます

 

交感神経だけが高ぶってしまうとストレスを溜めやすくなるのですが、アロマが緊張を緩める副交感神経に働きかけ、リラックスし、ゆったりとした気持ちになれるのです。

 

勿論、嗅覚から入ってくる匂いだけではありません。
吸引によって肺から血液に流れたり、マッサージなどで皮膚から浸透し全身に作用してくれます。

 

日常の中にアロマを取り入れ、少し日常を離れ、ゆったりとする。
植物から抽出されたアロマの香りが、心を癒してくれるでしょう。

 

上の画像を見ているだけでも気持ちが落ち着きませんか?
わたしも好きなのでよく炊きます。

 

眠れない日が続いている時は、こんな風に少しだけ気分を変えてみるだけで効果があります。

 

 

← ←睡眠 サプリに戻る

アロマと癒やし関連ページ

認知行動療法